塾の非常勤講師と聞くと、ほとんどは大学生がアルバイトでやっているというイメージが一般的にはあると思います。確かに9割以上は大学生です。

彼らにとっては学業が優先であって、「空いた時間にできる」「近くでもアルバイトが見つけやすい」といったことが理由で講師をしている場合が多いです。

しかし社会人であれば話は違って、生活が掛かっていますので待遇は重要です。収入や将来のことを考えるならば、やはり正社員で雇用されることを目指すと思いますが、現在は講師の多くを非常勤講師で運営している塾が多いです。従って採用も必然的に非常勤講師でという所が多くなります。そして主任などの管理職は正社員に就くことになります。

採用時は非常勤で経験とスキルによっては将来、正社員の道も開けるというところもあると聞きますが、現実なかなか難しいと聞きます。私の場合もそうですが、時給を高めにして給与は悪くないかたちで雇い続けているというパターンが多いのが現状です。

正社員と違って賞与・退職金などは出ませんので、お金を得るために複数の塾を掛け持つ事も珍しくありません。それをしている人に聞いても別の塾でも状況は似たり寄ったりと言います。

このように自分の状況や他人から見聞きしたところから考えると、待遇の良い塾の非常勤講師はいるとは思えません。